犬のしつけ~トイレを覚えさせよう!

Posted on 5月 17, 2015 By

ワンちゃんをお家に迎えるにあたって、
おそらく一番はじめにしつけることになるのがトイレだと思います。

お家を汚されないように、人間のルールを覚えて上手く暮らしていくために、
トイレのしつけを通してその後の犬と飼い主との
関係を形作るうえで大事な時間になるでしょう。

 

トイレ

まず、犬のトイレにしたいと考えているスペースにペット用のトイレシートを広めに敷いていきます。
次に、エサや水を飲んだ後など、犬がトイレに行きたくなりそうな時にその行動をよく観察してみましょう。
犬はトイレに行きたい時に、トイレサインといって必ず特定の行動をするので、
トイレサインが始まったら「トイレしようね~」など声かけをしながら、ペット用シートの上に連れていきます。

トイレサインははぐるぐるまわったり、地面のにおいを嗅いだり、しゃがみ込んでじっとしたりなど
犬によって様々ですが、しゃがんでじっとしている、などがサインとしてはわかりやすいと思います。

また、子犬なら2~3時間おきにトイレに行きたくなるので、
一定の時間が経ったらトイレシートに連れていくのも効果があります。

もし失敗しても怒らないでください。
犬は「トイレをするのは悪い事なんだ」と覚えてしまう可能性があります。
失敗したら犬を別の部屋へ隔離してから失敗した場所の掃除をして、
綺麗に消臭しておきましょう。においが残っていると、
犬はそこをトイレだと認識してしまうかもしれません。

トイレシートの上でトイレができたら「上手にできたね、いいこだね~」と言って、撫でて褒めてあげます。
これを繰り返していくと、広めに敷いたトイレシートのスペースの内、
犬がいつもトイレをする場所がなんとなく決まっていきますので
そのスペース以外に敷いたトイレシートを徐々に取っていきます。
最終的に1~2枚のトイレシートを残して、その上でトイレができるようになっていれば
トイレのしつけはほぼ成功です。

もし最後に残った場所が部屋の中央寄りや人の通る場所だったり、
そこをトイレにされると具合が悪い場合は、毎日5~10cmずつ、
犬にわからないようゆっくりと動かして端の方へ寄せていきます。

犬のしつけ     ,